見積書のチェックには力を入れよう

家の設計プランがかたまれば、次に見積書が作成されます。
見積書は図面と照らし合わせてチェックするようにしましょう。
その昔、見積書に明細書をつけない業者が多く存在しました。
今ではかなり少なくなりましたが、ゼロになったわけではありません。
見積書の最低条件は表紙と工事内訳書、工事内訳明細書が付いていることです。
明細書が付いていない場合は、出してもらうように言うことが大事です。
明細書があるからと言って安心してはいけません。
明細書はさまざまな項目を積み上げて作成していきます。
そのため、ときどきミスが起こります。
受け取ったら必ず各項目の説明を受けることです。
分からない点があったら後回しにせず、その場で質問することがポイントになります。
また、金額だけに目を向けるのではなく、最終的な要望がしっかり見積もりに反映されているかどうかも忘れずにチェックしましょう。
ちなみに、建築家に依頼した場合は、見積書もチェックしてもらえます。