ときどき現場に出向くようにしよう

新築の工事がスタートしたら、住む人としては現場に行きたくなるでしょう。
きちんと工事がされているかは気になります。
しかし、素人が工事現場に出向くのはだめと思っている人も少なくありません。
実際はどうでしょうか。
施主が現場を確認するのは当たり前のことです。
家づくりのプロではないから現場に行ってはだめと言うことはないので安心してください。
ただし、職人の技術等に素人が口出しするのはタブーです。
もし、気になるところがある場合は、現場監督や設計者に伝えるようにしましょう。
また、せっかく現場に行くのであれば、働いている人たちに感謝の意を伝えるようにしたいです。
家が出来上がるのを楽しみにしていることなどを伝えると、働く人たちもモチベーションが上がります。
コミュニケーションをとることも大事なのです。
飲み物やお菓子をときどき差し入れるのもいいでしょう。
工事現場に出向く際は、安全面に十分配慮することが求められます。